大阪の映像制作会社 DCT COMPANY

TOP > アニメーション動画

アニメーション動画

実写で表現がむずかしい紹介や
説明をアニメーション動画でPR

こんなことでお困りではありませんか?

撮影が難しい無形サービスをアニメで表現

撮影した映像で自社サービスをプロモーションすることはしばしば難しく、ご担当者様も悩みを抱えています。そのような場合はアニメーション動画が大活躍。わかりづらい内容も分かりやすく解説することができます。

撮影コストを低減

撮影した場合に長時間撮影になったり、現実問題として撮影がむつかしくコストがかかってしまう。そんな場合はアニメーション動画で表現した方がコスト的にも安くなるケースがあります。

インパクトで伝えたいことをアピール

アニメーション動画は、実写動画では表現しづらい「世界観」や「想い」を表現することができます。伝えたいことを強調してわかりやすく表現する。アニメーション動画はこのようなシーンで多く活用されています。

カメラ撮影での表現がむつかしい内容をアニメーションやCGを利用して伝える映像。
特に実体のないITサービスなどの内容をわかりやすく紹介したり、
インパクトを与えたいプロモーションなどに活用されています。

アニメーション動画の活用事例

枠のない表現力

アニメーション動画で実写では難しい表現を行い、わかりやすく強調してアピールポイントを表現し伝えることができます。

WEB・アプリに掲載

ウェブサイトで自社のサービスを紹介するアニメーション動画が最近多く利用されています。特にIT系サービスなど実写では表現しずらい業界からのご依頼が多いです。

求人・採用コンテンツ

活字の苦手な若い世代をターゲットにまずは見てもらいたい。そんなご要望によりアニメーション動画で自社のプロフィールを紹介するご相談が増えています。

代理店を挟まない直接価格でコストカット
動画制作料金プラン

映像制作の料金は撮影の有無や撮影場所・映像編集の長さやナレーションの有無などにより料金が異なります。 下記参考となる費用をご提示いたしますが、詳細ヒアリングの上、ご提案・お見積りさせていただきます。お見積り無料となりますので、お気軽にお問い合わせください。

料金の目安


標準的な制作フローのご紹介
動画制作の流れ

動画撮影・写真撮影・映像編集を、企画からワンストップでご提案しております。広告代理店を挟まないご提案なので中間コストをカット。高品質でコストパフォーマンスに優れた映像の制作が実現可能となります。

制作フロー

社内一貫体制による迅速な制作

DCT Movieでは、企画・撮影・編集・運営すべてを社内スタッフが一貫体制でおこないます。
そのため、情報が外部に漏れることはなく安心してご依頼いただけます。
また、それぞれの専任担当者がお客様をサポートいたしますので、迅速で臨機応変なご対応が可能です。

一貫体制の図

社内一貫体制のメリット

1. すぐに専任の担当と連携
・・・時間のロスがない。
2. 意思の疎通が迅速
・・・細かいニュアンスが伝わる。
3. 社内で完結する
・・・情報流出がない。コスト削減につながる。

動画制作のコンセプト

動画制作のコンセプトイメージ

人の表情が芽生える瞬間を大切にしています。

笑顔になる瞬間や真剣な顔つきになる一瞬など、 そういった映像は自然とドラマが立ち上がり、見ている人を惹きつけれるものだと思います。

極端を表現したい

どこにでもある映像なんてありません。映るシーンや人が違えばそれは100パーセントオリジナル。ですが、表現はどうでしょう。表現には様々あり、立ち止まって考えてみる価値があります。見せ方や見え方を工夫するだけで心に残ったり、伝えたい情報を最短距離で伝えることだって出来るかもしれません。 シーンやジャンル問わずまずはご相談ください。